一般病棟には子育て中のナースが少なすぎる。子育てを通して良い看護に繋げられる年代だけど、病棟に復帰するのは難しい現実・・・。

他の仕事だと、20代や30代というと働き盛りで、最も多くの方が職に就いている年代だと思うんですよね。
でも、病棟で働いている看護師に限っては、20代後半から30代の方がとても少ないんですよね。
私が働いている病棟は、とても極端なんですよね。
新人や、看護師2、3年目の看護師、それよりも年代が上になると、もう一気に上がって、
40代後半か50代といった感じなんですよ。
つまり、子育てをしている年代の20代後半や30代の看護師は全くいないんです。

 

病棟勤務というのは、外来に比べるとハードですよね。
夜勤はあるし、残業は多いし、休みはなかなか取れないし、だから、多くの方は、結婚をきっかけに外来に異動するか退職するか、
といった状態なんですよね。
確かに、病棟勤務で子育てや家庭を両立をするのは、よほどの家族の協力がない限り難しいと思います。

 

でも、子育てって、看護をする上でとても大切な経験なんですよね。
子育てを経験する事で、命の尊さなど、学校では学ぶ事が出来ない、多くの事を学ぶ事ができますよね。
それが、良い看護につながるんです。
だから、子育てをしている看護師がいない病棟というのは、何だか残念ですよね。
それに、一旦職場から離れてしまうと、病棟勤務に戻るのはなかなか難しいんです。
病棟に復帰する事を考えていた看護師も、復帰する事が難しい為に諦めている方も沢山いるんです。

 

確かに、ママさんナースでも働きやすい病棟というのは、なかなか探す事ができないかもしれません。
でも、いろいろな経験をしているママさんナースが、その経験を看護に活かす事ができないなんて勿体ないですよね。
それに、ママさんナースが働きやすい職場が増えてくれれば、看護師不足を解消する事ができると思います。