病棟の雰囲気が悪い時ってありますよね?重症患者さんばかりで、緊張感が強い時とか、クレーマーな患者さんがいてピリピリしている時とか・・・。

病棟勤務は、看護師の仕事の中でもハードな職場ですよね。

 

病棟では、様々な疾患の患者さんがいます。

 

重症度の重い患者さん、医療行為の多い患者さん、終末期の患者さん…。

 

そういった患者さんとの関わりは難しいですね(;´Д`A

 

患者さんも精神的にストレスがありますから、看護師とよい信頼関係を築くことも難しくなります。

 

重症度の高い患者さんが多いと、急変も起こりやすいですよね。

 

患者さんの体調が安定しないと、いつ何が起きるかわかりませんから、看護師も緊張感が漂いますね(・_・;

 

急変の頻度が高い病棟は、常にそんな緊張感があり、病棟の雰囲気も悪くなりがちですね。

 

終末期の患者さんは、体調面だけでなく精神的な面でのフォローも必要になります。

 

患者さんが精神的に不安定になると、スムーズに治療が行われなくなりますから、看護師も一苦労です。

 

そんなことから、看護師は業務
看護師がピリピリしていると、病棟の雰囲気も悪くなりますよね>_<

 

クレーマーな患者さんや、家族が病棟にいる時は、患者さんもの関わりに看護師もピリピリしますよね。

 

クレーマーな患者さんがいると、対応にも気を使いますし、看護師もイライラしたりと雰囲気が悪くなります( ;´Д`)

 

ただでも業務が多く、ミスの許されない病棟での仕事は、緊張感がありますし、ピリピリしがちですよね。

 

それなのに、重症度の高い患者さんが多かったり、クレーマーの多いがいたりすると、余計雰囲気が悪くなってしまいます(;´Д`A

 

病棟の雰囲気が悪いと、働きづらいですよね。

 

看護師の仕事って、精神的に負担の大きな仕事です。

 

だからこそ、できるだけ余計に精神的な負担になることは避けたいですよね。